年長・次男の就学準備

次男もついに来年は小学校にあがります。

長男のときは、年長の秋から朝勉強の習慣をつけるのが大変でした。←年少だった次男の世話が焼けたため。

次男の場合は、兄の真似をして、朝食前に食卓で簡単な勉強をする習慣が自然と身についています。


ひらがな・カタカナは、きちんと教えてきませんでしたが、かなり定着してきたので、10月からは一年生の漢字をゆるく始めようかなと思ってます。

とにかく、上の子を育て間違わなければ、下の子は、上の子の真似をしてくれるので、今のところ、親としては楽です💦

我が家は、就学前の文字の習得をのんびり進めてますが、「もっと先取りしておけば良かった!」と長男の学習進度について今のところ後悔したことはないので、次男ものんびり進めてます。

例えば、6歳になれば10時間で習得できることを、4歳の時に20時間かけて習得させることは、無駄だと私は考えてます。無駄ぐらいならまだいいのですが、その20時間分で、4歳当時に積むべき経験が積めなくなってしまうのだとしたら、むしろ弊害です。。。

一日24時間をどう過ごすか。子どもの発達に応じて、最適なタイミングで様々な学びを積んでいきたいと思ってます。

テレビやDVDをダラダラ見せているよりは、プリント学習をやらせた方が、知能が伸びると思いますが、プリント学習をやたらとやらせるよりは、週末にあちこち家族で出掛けて、季節の移り変わりや、博物館・水族館で普段みられない生き物や化石を観察して、親子で会話した方が、未就学児の学びとしては、感性が磨かれると思います。

中学受験、高校受験、大学受験・・と、どこかしらでお金がかかりますので、保育園時代から学習系の習い事にお金をかけすぎるのはもったいないです。




次男も、市販ドリルを使いながら、就学前準備を少しずつ進めていきます。

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村